インプラント治療はどこも同じではない

定年が間近に迫り、かねてから気になっていた歯の治療を行うことにしました。
あまり丁寧に歯のケアをしてこなかったので、歯がかなり弱ってしまったんです。
null医療費控除で所得税がたくさん戻ってくる現役のうちに、インプラント治療をしようと決心したのでした。
しかし、会社の近くにあるクリニックに行ったところ、顎の骨が薄いため治療は無理と診断されてしまいました。
ショックを受けながらも、仕方ないとあきらめかけていたところ、骨が足りない方でも大丈夫!というクリニックを娘が見つけてくれたのです。
信じられない思いで相談に行ったところ、検査の結果、骨を再生すればインプラント治療が可能と診断を受けました。
骨の再生をするまでの期間が必要になるため、通常よりもインプラント治療の期間が長くなってしまいます。
しかし、このクリニックではインプラントの手術を抜歯当日に行ってくれるため、他のクリニックの3分の1程度の期間でインプラント治療が完了するのです。
そのため、歯の再生を待っても、通常のインプラント治療に必要な期間とさほど変わりなく行うことができました。
インプラント治療はどこも同じだと思っていましたが、方法も技術も違うと思い知らされました。
あきらめずに可能性を探すことをおススメします。